フェルトセンス・コーチング
あなたらしく素直に生きていくために
コーチングについて

「フェルトセンス・コーチング」にご訪問ありがとうございます

自分が「今、ここ」で正直に感じたり考えている気持ちや意向を、

相手から拒絶されるのが怖くてアサーティブに伝えることができない。

日常生活で、家族、友人、職場の同僚へのご機嫌伺いが習慣化している。
もしくは、ご機嫌伺いをしていることにも気付かないくらいに、他者の意向を優先し過ぎて、疲れ果て、思い出し怒りを感じ、悲しくなっている。または、病気がちになっている。


あなたがそうなっている原因は 母親や父親や兄弟姉妹など家族に対する 凝り固まったマイナス感情にあるかもしれません。
家族へのわだかまりを解消して 「今、ここ」を生きる素直な自分自身を取り戻してみませんか?

***

フェルトセンス・コーチングの特徴は3つあります。


その1

1~3分間ほど呼吸に集中するマインドフルネス瞑想をセッションに取り入れ、安心・安全な場作りをしています。

この静かな時間をコーチとクライアントが共有することで、

フェルトセンス(何らかの心理的意味を含んだ身体の感じ)に気付きやすくなります。


その2

フェルトセンス(何らかの心理的意味を含んだ身体の感じ)に
注意を向け続けたコーチングで、潜在意識にある「まだ言語化されていないあなたの思考」にアプローチしていきます。 あなたの中にある対立する様な考え方や感情を一つ一つ丁寧に言語化していくことで、自己洞察力と自己受容力を高めていくのが趣旨です。

その3

問題を生じさせる間違った心の使い方を、結果にこだわらない正しい心の使い方に導きます。

**

フェルトセンスとは、漠然とからだで感じる、まだ言葉やイメージになる前の意味のある感覚のことです。フェルトセンス(まだ言葉やイメージならない「気になる感じ」)という用語は、フォーカシングという心理療法のプロセスの中で使われる言葉です。フェルトセンスについて詳しくご説明する前に...
[さらに読む]
2018/05/17
Image41

門屋綾について


愛媛県松山市生まれ。 両親共に愛情不足の家庭で育ち、虐待の連鎖する不安定な家庭環境で育つ。 幼い頃から「人はなぜ生きるのか」に関心があり、 その答えを求めて大学では臨床心理学を専攻。 無条件の肯定的関心・共感的理解・自己一致という カウンセラーとしての在り方について学ぶ。 卒業後は自活するため、一般企業に営業事務として約8年間勤務。 結婚・流産・7年間の不妊治療経験を経て、 長年燻っていた実母との対立が激化。 改めて「人はなぜ生きるのか」答えを求めて カウンセリング兼コーチングを受けたことで、 コーチングの魅力に目覚め本格的に学習開始。 大学時代から約20年かかったが、 長年に渡る家族の問題を根本的に解決。 昨年、12月コーチとして起業。

Icon33
facebook

興味のある方はご確認を

Icon36
アメブロ

最近の更新はこちら↓